mazinlabsのブログ

RubyとかCloudとかその辺の記事を書いたり書かなかったり

RubyでTwitter Streaming APIを使ってみる2

前回の宣言通りTweetStreamを使って書きなおしてみた。
tweetstream/tweetstream · GitHub

コードを書く前にTweetStreamのGemをインストール

gem install tweetstream

そしてコード

ちなみに前回までは秘密鍵とかトークンとかを直書きだったけど、なんとなくYAMLを使った設定に変えてみた。


基本的には前回のEM-Twitterの時と同じようなコードになってはいるが、こちらは自分でJSONにParseしなくてもいいという一手間省けた感じ。


また、使いたいAPIのアドレスやフィルタリングする際も最初にオプションに指定するのではなく、メソッドやメソッドの引数として指定できるのが良い感じ。


てなわけで、特に理由がなければTweetStreamでいいかなと思います。