mazinlabsのブログ

RubyとかCloudとかその辺の記事を書いたり書かなかったり

Ubuntu 11.04にアップグレード後にすること

『デスクトップ』『音楽』などの日本語フォルダ名を英語表記にする

% LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

上記コマンドを投入後、ダイアログが表示されるので「Update Names」を押下。

Moving DESKTOP directory from デスクトップ to Desktop
Moving DOWNLOAD directory from ダウンロード to Downloads
Moving TEMPLATES directory from テンプレート to Templates
Moving PUBLICSHARE directory from 公開 to Public
Moving DOCUMENTS directory from ドキュメント to Documents
Moving MUSIC directory from 音楽 to Music
Moving PICTURES directory from 画像 to Pictures
Moving VIDEOS directory from ビデオ to Videos

確認。

% ls
Desktop/    Music/     Templates/   dommemstat.py     ダウンロード/
Documents/  Pictures/  Ubuntu One/  examples.desktop
Downloads/  Public/    Videos/      git/

なぜかダウンロードだけ残った。
つーか「Downloads」と「ダウンロード」ができた。

設定ファイルを直接いじればいいと言うことなのでいじる。

% vim .config/user-dirs.dirs
# This file is written by xdg-user-dirs-update
# If you want to change or add directories, just edit the line you're
# interested in. All local changes will be retained on the next run
# Format is XDG_xxx_DIR="$HOME/yyy", where yyy is a shell-escaped
# homedir-relative path, or XDG_xxx_DIR="/yyy", where /yyy is an
# absolute path. No other format is supported.
# 
XDG_DESKTOP_DIR="$HOME/Desktop"
XDG_DOWNLOAD_DIR="$HOME/Downloads"
XDG_TEMPLATES_DIR="$HOME/Templates"
XDG_PUBLICSHARE_DIR="$HOME/Public"
XDG_DOCUMENTS_DIR="$HOME/Documents"
XDG_MUSIC_DIR="$HOME/Music"
XDG_PICTURES_DIR="$HOME/Pictures"
XDG_VIDEOS_DIR="$HOME/Videos"

設定ファイルはちゃんと出来ているみたい。
謎・・・

IPv6を無効にする

正直まだまだIPv6とかいらないので最初から無効にしておく。
設定ファイルを開いて最終行に以下の設定を追加。

% sudo vim /etc/sysctl.conf
# Disable IPv6
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1 
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1 

※反映には再起動が必要