mazinlabsのブログ

RubyとかCloudとかその辺の記事を書いたり書かなかったり

「たぶん危ないマインドコントロール剤で頭がおかしくなったサルが設計したんじゃないかな」

最近C言語の勉強してると、あまりにも他の言語と違ってなにからなにまで面倒を見なければいけないので、憎さ余って可愛くなってきた。
そんなわけで前回に続きLinuxのmanよりopen()について。


Linux限定のようだがopenをmanで閲覧すると、バグの欄に下記の内容が表示される。

バグ
「O_DIRECT でいつも困るのは、インタフェース全部が本当にお馬鹿な点だ。たぶん危ないマインドコントロール剤で頭がおかしくなったサルが設計したんじゃないかな」 --- Linus

現在のところ、 open() の呼び出し時に O_ASYNC を指定してシグナル駆動 I/O を有効にすることはできない。このフラグを有効にするには fcntl(2) を使用すること。

http://linuxreviews.org/man/open/index.html.ja

Linus大丈夫かwwww


ちなみにオンラインのManpageには載ってない。

バグ
現在のところ、 open() の呼び出し時に O_ASYNC を指定してシグナル駆動 I/O を有効にすることはできない。このフラグを有効にするには fcntl(2) を使用すること。

http://www.linux.or.jp/JM/html/LDP_man-pages/man2/open.2.html


原文はこっち。

Bugs
"The thing that has always disturbed me about O_DIRECT is that the whole interface is just stupid, and was probably designed by a deranged monkey on some serious mind-controlling substances." -- Linus

http://linux.die.net/man/2/open


なんかよっぽどインタフェースが気に入らないんだろうな